農林水産省の郷土料理百選にめはり寿司が選ばれました   紀州路のお土産にもご好評頂いております   

用意する食材と道具

【用意する物】

温かいご飯(レンジで温めた物でもかまいません)        
めはり菜パック  まな板   包丁   ボウル(中)(小)  しゃもじ   小皿             



めはり菜パックに含まれるもの
@めはり菜(高菜の浅塩漬け)500グラム×2  ※写真は500グラム1袋を解凍したもの
Aタレビン(大) めはり寿司の中に入る具に味をつけるもの
Bタレビン(小) 完成しためはり寿司に味と香りをつけるためにハケ塗りします
Cめはり寿司作り方説明書


まずは下準備からはじめます

めはり菜が凍った状態のものは流水をかけて解凍します
流水できれいに水洗いし 水気を絞って まな板の上に広げます



はじめに茎を切り取ります



葉を手の平より少し大きめに位に切り分けます
※大きい方が包みやすいですが、出来上がりの個数が少なくなります



茎はこまかく千切りにします
小さなお子様やお年寄りの方には 食べやすいようにみじん切りでもかまいません



こまかく切った茎に 鰹節(適量) 付属のタレビン(大)適量を加えて
よく混ぜ合わせてください


めはり寿司の中の具が出来上がりました


いよいよ本番です

温かい御飯(レンジで温めた物でもかまいません)
食塩(ミネラルを多く含んだものがおすすめです)
下準備し味付けした めはり菜の茎
切り分けた葉っぱの部分



普通におにぎりを作る要領で作業して下さし
両手をまんべんなく水で濡らし 適量の食塩を手の平に伸ばします
ご飯で味付けした茎適量を包み込むようにして 俵型のおにぎりを握ります



大きさは卵ぐらいが食べやすいです



おにぎり全体を葉っぱで丁寧に巻きます


これで一個出来上がりました



小皿に盛りつけ
付属のタレビン(小)をハケで全体にぬります



これで完成です
できたてのあったかい めはり寿司は最高です

※お弁当など時間をおいて食べる場合は、おにぎりの状態のまま
少し冷ましてから葉っぱを巻くと 変色せずおいしくいただけます